ホーム > アプリケーション > カレンダー
 
spacer
     
spacer カレンダリング spacer
     
 
NDCのカレンダリング計測制御ソリューション
spacer
品質向上&経済効果
spacer
NDCのカレンダリング用計測制御システムは、ビニール製品、ラバー製品の生産するプロセス向けに最適化されたソリューションです。

測定データとプロセスの解析を統合したシステムは、製品とプロセスの測定データから生産プロセスの改善を目的としたプロセスの変動要因の解析が行えます。
得られた解析データによってプロセスの改善を実行することで、品質が向上し、さらには歩留まり向上、スクラップ削減ができるので経済的な効果も得ることができます。
spacer
センサ&スキャンニングフレーム
spacer
カレンダーの構成や測定条件によって、カレンダーロール上あるいはカレンダーロールの後にセンサとスキャンニングフレームを設置します。
NDCは、ユーザーが必要とする要件によって各カレンダー毎に相応しいセンサとスキャンニングフレームを組合わせたシステムを提供致します。

タイヤ向け計測制御システムでは、ガムの重量/厚み、ファブリック重量、トータル重量/厚み、ワイヤーのバランス/ポジション/カウント/スペース、製品幅、ワインド アップ重量などの情報を得ることができます。

カレンダー上には、X線反射型センサガンマ線バックスキャターセンサが設置できます。
目的に応じて、1台から複数台の定点測定用センサをカレンダーロール上に設置でき、 またプロファイル情報を得る場合は、カレンダー用に設計したシングルビームスキャンニングフレーム MiniTrak-R を用意しています。

カレンダーロールの後には、ベータ線センサX線反射型センサ蛍光X線センサガンマ線センサレーザーキャリパーセンサから測定要件に合わせて選択・組合せす ることが可能です。
透過型センサには、O型スキャンニングフレーム AccuTrak-R を用意し、反射型センサ向けには、シングルビームスキャンニングフレーム MiniTrak-R を用意しています。
spacer
カレンダー制御&主な構成
spacer
カレンダー制御:
2ゾーン/3ゾーン制御 ; 目標のプロファイル形状になるようにカレンダーロールを制御
デルタプリセット ; 最小限のライン停止時間で製品替えを実行
ATO制御;自動的に目標値を最適化
シートアベレージ制御 ; 他の制御が働いている際に平均重量を保つように制御
ワインドアップ制御 : 製品重量/幅、生産スピードからカレンダーロールと巻き取り機間での製品の伸び縮みを補正
スピードフィードフォワード制御 ; ラインスピードの変動と同時に伸び縮み量を予測してカレンダーを補正
spacer
主な構成
spacer
Calender Configuration
spacer
NDCの計測制御システムは、堅牢な工業規格で設計されています。また、無駄のない部品構成の設計で相互間の接続ケーブルが少なく容易に設置できます。
spacer
 
 
Copyright©2015 NDC Technologies Japan All rights reserved. spectris spacer スペクトリス株式会社 NDC事業部
  個人情報の取り扱いについてご利用条件