ホーム > 製品情報 > システム > 定点測定式ガンマ線厚さ計 AccuProbe
 
spacer
spacer
 
   

定点測定式ガンマ線厚さ計 AccuProbe

spacer

低価格で応用範囲が広い定点測定式センサ&ディスプレイ

spacer
     
 
sq spacer 概要
AccuProbe は、プラスチックシート、フィルム、コーティング、不織布、複合材ウェブ製品等の坪量や厚さをベーシックで正確且つ連続的に測定します。小型の測定プローブは、ウェブの片側に設置し、コンパクトなディスプレイユニットと接続します。 パネル埋め込み型の電子制御装置ユニット(ECU) は、瞬時に坪量、厚さ測定値をユーザーの工業単位、gsm、μm 、mils、等で表示します。 ECUは、目標重量を表示、上位コンピュータへの通信機能、シャッターの状態、複数のレベルでのパスコード保護を含んでいます。
 
sq spacer 測定原理
測定原理は、コンプトン効果に基づいています。プローブ先端の線源から低エネルギーのガンマ線(光子)が放射され測定試料に衝突し散乱したり、一部は吸収されます。センサは、後方散乱した光子の量を検出しますが、これらのガンマ線は試料との相互作用で、エネルギーを損失し、検出したガンマ線光子の量は、試料の質量に比例します。 効率的な シンチレーション/光電子増倍管 検出器が、後方散乱した光子の量を最終的に紙の坪量/濃度に比例したデジタル信号に変換します。 また、他社にないNDC のガンマ線バックスキャタセンサは、製品の着色、成分、不透明度に影響されません。
spacer accuprobe
 
 
sq spacer 特徴
spacer
sq spacer 効果spacer
maru spacer 片側のみの固定測定、接触あるいは非接触
maru 連続デジタル測定、坪量/濃度
maru 着色、成分、不透明度に無影響
maru 設定、操作が容易
maru シリアル通信 RS232, RS485
maru 4-20mA アナログ出力
maru 目標値、較正パラメータ、アラーム設定等のプログラマブル・レシピ
maru 狭いスペースにも容易に設置
maru 高信頼性、メンテナンスが容易
maru spacer 品質とユニフォーミティの改善
maru 原材料の削減
maru 不良品減少と製品換え時間の短縮
maru 生産効率の向上
   
spacer
spacer
 
Copyright©2015 NDC Technologies Japan All rights reserved. spectris spacer スペクトリス株式会社 NDC事業部
  個人情報の取り扱いについてご利用条件