ホーム > 製品情報 > システム > オンライン型厚み/坪量計測制御システム モデル8000TDI
 
spacer
spacer
 
   

オンライン型厚み/坪量計測制御システム モデル8000 TDI

spacer 最小TCO (Total Cost of Ownership) を達成する、TDI 技術を使ったウェブ工程用スキャン式厚み/坪量計測制御システムです。 spacer
     
 
sq spacer 概要
8000 TDI システムは、NDC社が開発した TDI (Total Distributed Intelligence) アーキテクチャという、従来のゲージングシステムとは全く異なる設計を採用し、これによりゲージ業界最小の TCO (Total Cost of Ownership) を達成しました。
spacer
8000 TDI 最大の特長は、システムで使われているオペレーターワークステーション、スキャンニングフレーム、計測センサなど、全ての重要なデバイスにインテリジェント性を持たせたことです。これらインテリジェントフレーム(iFrame™)やインテリジェントセンサ(iSensors™)は、複雑な測定業務を単純な要素に分解し、並列動作するよう設計されています。インテリジェンスの分散により、ゲージングシステム全体を以下のように単純化しました。
spacer
maru spacer 設置が簡単、必要なのはイーサネットと電源だけ
maru コンピューターのソフトを入れ替える必要がないのでシステムの拡張が簡単
maru iFrame™iSensors™に、トラブルシューティングを単純化するNDC独自のGUI(グラフィックユーザーインターフェース)を装備。システムのトラブルシューティングが容易
maru オペレーターワークステーションは「ソフト」になっています。JAVA™が動作する環境であれば、どのデバイスにも乗せることが可能です。NDCから「ウイルス対策済」のハードウェアを提供できますし、もしくはお客様のパソコンをシステムとイーサネット接続し、オペレーターワークステーションとして使用することもできます。
spacer
8000TDI
spacer
8000TDI 測定装置と「MiniFlex」ワークステーション
 

sq spacer 用途
spacer
sq spacer 特長
maru spacer エクストリュージョン製品
キャスティングフィルムやシート、二軸延伸フィルムやシート
maru コーティング
接着剤、エクストリュージョンコーティング、ホットメルト、エポキシ、金属コーティング、プリプレグ、カーペット、複合材、フローリング、ラミネート材、保護コーティング
maru 不織布、繊維
maru シート成型材料
maru 強化プラスチック
maru 紙、フェルト
maru ゴム、ビニール
 
sq spacer 利点
maru spacer 迅速なラインの立ち上げ、品質改善
maru   歩留まり向上、投資回収期間の短縮
maru   スクラップ削減
maru spacer 最大3台までの同期型スキャナを制御
maru 最大4台までの計測センサをサポート
maru 簡単な操作インターフェース
maru 多言語対応の表示画面
maru ターゲット厚み/坪量、制御パラメータ、アラームなどをレシピ方式で設定
maru ロールの欠陥マッピング
maru MDまたはCDによる制御がオプションで可能
maru 工場のネットワークとの互換性確保
maru OPCまたはDDE通信がオプションで可能
maru SPC(統計的プロセス制御)/SQC(統計的品質管理)がオプションで可能
 
sq spacer 画面表示・レポート
オペレータや管理部門向けに、各種のレポートと表示画面が用意されています。
画面の内容は、用途とスキャナ数によって異なります。
 
標準画面表示:
maru spacer ラストスキャンプロファイル
maru Nスキャンの合成プロファイル
maru MD方向プロファイル
maru ラスト100プロファイル
maru トレンド:Nスキャンの最大、最小、平均値
(Xバー・Rチャートに類似のチャート)
maru ゾーン表示
maru ロールプロファイル
spacer
画面は英語以外に日本語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、中国語での表示が可能。他の言語への切り替えは短時間でできます。
spacer
なお通常の画面以外に、レシピやスキャナの変数、通信プロトコル、自動制御関係定数など、システムのパラメータ設定用の画面が幾つかあります。
 
標準レポート:
maru spacer ジョブ maru spacer 時間毎
maru ロール maru ロール内欠陥
maru シフト    
spacer
全てのレポートは自動(ロール終了時やシフト交代時など)、または必要なときに印刷することができます。
 
 
sq spacer 自動制御
8000 TDI には、特定の用途や必要性に合わせて、各種の制御オプションが用意されています。
maru spacer 速度制御:ラインスピード、ポンプスピード、スクリュースピード等
maru  
プロファイル制御:
spacer −ダイの自動制御-エクストリュージョン、コーティングダイ
−デュアルギャップ制御
−チルト制御
−幅方向制御
−ロールベンディング制御
maru   ターゲット最適化制御
maru   デルタプリセット
spacer
sq spacer システム構成
8000 TDI システムは、最大3台までのスキャナが制御可能です。コーティングラインでは通常複数のスキャナが使用され、同一点(Same-spot)測定を行なうため、同期制御が行なわれます。さらに各スキャナには最大3個のセンサが搭載できます(ただしスキャナの能力によります)。8000 TDI システム全体では、最大4個の計測センサが使用可能です。
 
sq spacer センサ
8000TDI システムは、次のような各種測定センサを容易に搭載できる設計となっています。
maru spacer ガンマ線反射型
maru ベータ線透過型
maru X線反射型蛍光型透過型
maru 赤外線反射型、透過型
maru レーザーキャリパ測距型、機械式、空気式
   
sq spacer スキャンニングフレーム
NDCではセンサやアプリケーションに適した各種のフレームを用意しています。
maru spacer MiniTrak-S:片面スキャナ、反射型計測センサ用
maru   MiniTrak-C、MiniTrak-OおよびAccuTrakフレーム:透過型計測センサ用
旧モデルのNDCスキャナやセンサも、8000TDIシステムにアップグレードすることができます。
 
sq spacer 仕様
 
オペレーター用ワークステーション(MiniFlex™
 
電源:115または230VAC、± 10%, 50/60 Hz, 10A
寸法:483(H) x 495(W) x 203(D) mm
重量:36kg
周囲温度:最大40℃、冷却装置(オプション)により高温で使用可能
 
プリンタ
USB接続型のHP PCL-5と互換のプリンタが使用可能
 
オプション
キャビネットの冷却:高温環境用
危険環境中での運転:応相談
必要な使用環境、センサ、スキャナに応じて、各種危険環境対応オプションを用意しております。
spacer
spacer
 
Copyright©2015 NDC Technologies Japan All rights reserved. spectris spacer スペクトリス株式会社 NDC事業部
  個人情報の取り扱いについてご利用条件